娘が修学旅行に出かけた日のこと。

2歳年下の長男は、クレラップの気持ちに共感した模様。

8歳年下の弟がいるのに、やはり姉とは違うのか^^;

クレラップ(サランラップ)のcmとは「お姉ちゃんがいない編」のこと。

クレラップ(サランラップ)のcm「お姉ちゃんがいない編」

クレラップ(サランラップ)のcm「お姉ちゃんがいない編」

CMストーリーは…

「行ってきます!」
 ある日、姉のクルリちゃんは一泊二日の林間学校に出かけます。妹のクルミちゃんはひとりでお留守番。
「わーい、わーい、お姉ちゃんがいない、お姉ちゃんがいない!」
いつもは二人で使っている子供部屋も、今日はクルミちゃんがひとり占め。ゴロゴロ、伸び伸び、広々使えます。おやつのどら焼きもひとりで食べて、誰にも邪魔されることなく、自由な時間を楽しみます。しかし、時間の経過とともに、クルミちゃんの気持ちに変化が出てきました。お話しする人もいないし、ひとりでやるバドミントンはちっとも面白くない。寝るときも、隣にいつもいてくれるはずのお姉ちゃんがいない。
「お姉ちゃん、早く帰ってこないかなぁ。」 
そして次の日、待ちに待ったクルリちゃんが帰ってきました。「ただいまー!」
「あっ、おねえちゃんだ♪」 「わーい、わーい!」  
「やっぱり、お姉ちゃんと一緒がいい!」 と心から思う、クルミちゃんなのでした。

こちらがクレラップ(サランラップ)のcm「お姉ちゃんがいない編」の動画です↓↓

クレラップ(サランラップ)のcm「お姉ちゃんがいない編」に共感した息子


兄弟げんかが絶えない2歳差姉弟ですが、娘が修学旅行に出かけた夜に「クレラップな気分!」というんです。

「え?何が?」と聞き返すと…

「クレラップ(サランラップ)のcmでお姉ちゃんがいないってやつ!」

普段は顔を合わせれば、喧嘩しかしていない2人ですが、片方がいないと寂しく感じるんですね。

姉の方は、楽しみにしていた修学旅行なので、弟がいなかろうと関係ないのではないかと思いますが^^;

クレラップ(サランラップ)のcm「お姉ちゃんがいない編」に共感した息子のまとめ

クレラップ(サランラップ)のcm「お姉ちゃんがいない編」に共感した息子について健忘録として書いてきました。

いつも一緒にいて当たり前の姉弟だからこそ、いない時に寂しいと感じるのでしょう。

姉がいない代わりに、弟から頼りにされて、まんざらでもないようでしたが…

やっぱり8年間末っ子として育ったせいか、下の子から頼りにされ面倒見るよりも、姉がいて世話を焼いてもらえる安心感のほうが勝っているようでした^^;

どう考えても「俺についてこいタイプ」ではないので、彼女の尻に敷かれるタイプかな。

女が強いほうが上手くいくと思うので、それはそれでいいか(笑)