在宅ワーク主婦になりブログを始めて良かったことや悪かったこと

私は3人目出産のため、やっと見つけた条件ピッタリのパートをやめました。

子供が無事生まれると、やっぱり考えちゃうのは仕事復帰のこと。

同居生活に嫌気がさして、無理やり北海道への移住を決め、強行してしまったわけですから…

貯金も結構使ってしまったんです。

働かなかったら、家計はカツカツ…

節約をがんばってみるものの、あんまり得意じゃないからストレスが溜まるんです。

今回はパートをやめた私が、次男を出産しブログをはじめ、在宅ワーク主婦になって良かったこと悪かったことをまとめていきます。

興味がある方は読んでみてくださいね♪

パートをしていた頃との生活の変化

まずパートをしていた頃の生活パターン(次男出産前)です↓

6:30 起床→朝食準備
7:00 子どもを起こす→朝食
7:50 小学生を送り出す
8:00 夫出勤
8:45 片付けを済ませて出勤
9:00 仕事開始
16:00 仕事終了
16:15 帰宅
17:00 夕食の支度
18:00 夕食
19:00 お風呂
20:00 片付け・洗濯
21:00 子ども就寝
21:30~ テレビをみたり自由時間
24:00 就寝

※日によって塾の送迎。

こちらはお弁当屋さんのパートで、フルタイムに比べれば、割とのんびりした1日の流れでした。

介護の仕事をしていた時は、9-18時の勤務。

そしてブログを始めてからの私の生活パターンです↓

6:30 起床→朝食準備
7:00 子どもを起こす→朝食
7:50 小学生を送り出す
8:00 夫出勤→片付け
8:30 次男と遊ぶ
10:30 次男昼寝
PC作業 ブログの勉強
13:00 次男起床→昼食
14:00 次男と遊ぶ合間
15:00 買い物
17:00 夕食の支度→夕食
19:00 お風呂
20:00 片付け・洗濯
21:00 子ども就寝
夜のPC作業 ブログを書く時間
24:00 就寝

次男が小さいうちは、3時間おきの授乳の合間に時間を作ってブログの勉強をしていました。

これは結構大変そうだぞ…と思いながらも、今になって本当にやっておいてよかったなーと感じています。

子どもと関わる時間は、ほとんど変わっていないのですが、家にいる時間が多いので、寒ーい冬のおうちラブな私的に理想の形です。

ブログを書く時間を確保するため、テキパキと動くようになり、だらだらと過ごす無駄な時間が減りました。

日中に次男を見ながら、掃除や大物の洗濯が出来るので、今まで休みの日に回していた家事もラクラク♪

時間に余裕があるので、以前よりイライラすることも減りました。

子どもはもちろん、私自身も笑顔でいる時間が多くなったように感じています^^

在宅ワークの具体的な作業

在宅ワークは、自分で決めた分だけ仕事ができるので、ついついダラダラ過ごしてしまうことも多いのですが、私は次男が寝ている間に作業をすると決めています。

PCの具体的な作業内容についてはコチラ!

・ブログの勉強
(アフィリエイトのコンテンツ動画で学ぶ)

・コンテンツの内容の実践

・ブログの記事を書く

まだまだブログの更新に時間がかかってしまうので、耳が空いている時にコンテンツの音声を聞いたりしながら、作業を進めています。

次男が生まれて3か月の時にブログを始めたのですが、全くのパソコン初心者だった私が、この2年でできるようになったことは山のようにあります。

※今年は初めて写真入りの年賀状を自分で作りました!(こんなレベルですみません^^;)

在宅ワークをする主婦になってみて


実際に在宅ワークをする主婦になって生活してみてどうだったのか?

主婦がブログで在宅ワークするようになってみて良かった点と悪かった点を紹介します。

在宅ワーク主婦になって悪かったこと


悪いことはあまりないのですが、私が考えるのは2つ。

・周囲からの理解が得られにくいこと。

ブログで在宅ワークとなると、芸能人や人気ブロガーをイメージすると思います。

一般人がブログでお小遣い稼ぎなんていうと、まず周囲からの理解が得られにくいです。

私の場合、まわりでうるさく言う人がいなかったのもありがたい環境でした。

・収入が増えるまでに時間がかかること。

パソコン音痴の私が在宅ワーク主婦になって、1カ月目はブログ運営どころかネット検索だって思うようにできない状態でした…

今でこそ、そこそこの額を稼ぐことができるようになりましたが、夫からは「パソコンも使えないのに、できるわけない!」と・・・

それが悔しくて悔しくて・・・悔しさをバネにやり続けたんです。

乳児を抱えて働きに出るのも大変…保育園は激戦区。

本気で初めて3カ月目には、諭吉さんがちらほらと♪

2年経った今は、子どもたちの教育費やシーズンごとに買い替える洋服やスキーグッズの支払いの他、娘と劇団四季に行っちゃったり、長男が行きたいという5泊6日のキャンプや関東の実家に帰る旅費も私が出せるようにまでになりました。

夫に気兼ねなく、お金を使える幸福感♪

在宅ワーク主婦になってよかったこと


・一番は、時間に余裕が出来たこと。

時間に縛られることなく作業ができる在宅ワークは、夜中に仕事をすることもできるので眠いと思ったら、寝ちゃって起きたときから始めることも可能。

・家事をする時間がしっかりとれること。

時間に追われていると、苦手な家事は苦痛でした。今は時間があるので、自分のペースで進められます。

・子どもとの時間も大いにとれる。

今まで時間がなくて見落としがちだった、子どもの忘れ物も減りました。

子どもを「行ってらっしゃい!」と見送って「おかえり!」と出迎えたかった私。

苦悩することもありましたが、ネット環境さえあれば場所を選ばすに仕事ができる、この生活が本当に理想だと思っています。

そして、今まで仕事がら我慢していたネイルに行くことや、自分の好きなことをする時間がしっかり取れること。

子育てについて学んだことやトレンド情報をブログを通して発信することがとにかく楽しい!

自分の興味のあることや楽しいを仕事に出来るって、もちろん大変なこともあるけれど本当に幸せです。

家族との時間を大切にする

 

私は3人目を出産して、子どもとの時間、そして家族の幸せのために外で働くことを辞めました。

出産前は、パートとして働いていましたが、子育てをしながら働くことの難しさや職場での人間関係にいつも悩まされていました。

子どもを抱えて気持ちよく働ける職場はそう多くはありません。

ましてやうちは、まだ新人が生まれたばかりですから。

小さいうちは熱も出しますし、なにより長男が喘息で入退院を繰り返していたので、ワーキングマザーをしながら大変な思い、長男にも寂しい思いをさせたと思います。

そして私がたどり着いたのが、在宅ワークでした。

在宅ワークを始めたことで、気持ちとお財布に余裕が生まれたことが一番の収穫です。

子どもの成長はあっという間ですが、体調が悪い時にはそばにいてあげたい。

どんな時にでも、場所を選ばず働けて、融通の利く仕事。

私を動かす原点はそこでした。

上の子たちは、もう大きくなってきているので、あまり寄り付かなくなりましたが、その分お金がかかるようになります。

可愛い子どもたちと一緒に過ごせる時間は限られていると考えると、時間がなくイライラしているママよりも、何をしているかわからないけれど家でパソコンいじって穏やかにしているママでいたいと思いました。

自分のためにも、今しかない大切な子どもとの時間を大切にしたい。

私は24歳で結婚したので、その年齢で娘も…と考えると、子どもとして一緒に過ごせる時間はあと11年しかないんです(驚

私は家族との時間を大切にするために、在宅ワークでブログを書く主婦として頑張っていきます!

在宅ワーク主婦になってブログを始めて良かったこと悪かったことのまとめ

今回は在宅ワーク主婦になってブログで生計を立てている私の思いをまとめてきました。

最初は周りから理解されませんでしたが、結果を出すにつれて周りからの反響も多いこと多いこと。

まだ2月初めですが、今年に入って友人3人に私が使っている教材を教えてと聞かれました^^;

やっぱり、みんな生活は大変で、何か変えたいと思いながらも、毎日の生活をしている人は多いのだと思います。

在宅ワークを含め、色々な働き方が広がっていくといいですよね。

私が実践しているブログノウハウのプレゼントをしています!

超初心者向け7大特典♡無料動画講義付きなのでわかりやすいですよ♪

気になる方は、こちらのラインにメッセージくださいね^^

↓↓こちらをクリック↓↓友だち追加