わが家の子供は3人。
長女 2006年
長男 2008年
次男 2016年
長女と次男では10歳差。
上の二人が生まれた当時は 四世代同居でした。
長女と長男は二歳差なので、ワチャワチャしながらの子育て。
たくさんの目がある分、助かることもありましたが、
それぞれからの口出し(アドバイス?)も多い。
新米ママでわからないことだらけの中
同居で気を使わなければならないストレス・・・
いい嫁でいたいけど、関わってほしくない
というのが正直なところ・・・
ほっておいて欲しいのに
子供が泣けば・・・
大丈夫か?泣かせてかわいそうに!
と毎回 私たちの部屋まで入ってこられるのが嫌でした。
さらには隣に住むおばさんまで
「泣いてるの聞こえたから来てみたよ」
夏で窓が開いていたら、そりゃ聞こえますよね…
泣かせないように、泣かせないように・・・
お願いだから泣かないで・・・
子供たちのことを可愛がってくれるのは嬉しいけれど
子供たちを取られたくないような気持ちも、懐いてほしくない・・・
家族になり切れておらず、私だけ他人のような孤独感があったんです。
夫がほとんど居なかったのも
孤独感に拍車をかけたのかもしれません。
毎日の夕食の支度は私の担当でしたが
食事の準備をしている間に
祖母がお菓子を与えるんです。
お菓子を与えるとひ孫が喜ぶので
私が準備を始めるとお菓子を持って現れます。
長女と長男はアレルギーやアトピーがあった為
食事も気を付けて作っていましたが
お菓子でおなか一杯になってしまい台無し。
義父は「昔はよかった」が口ぐせ。
これからは大変な世の中だ!
俺らは先が長くないから構わないけど、と。
食事の度に毎回言うので
これから子育てする私は、
ご飯を食べながら、お先真っ暗な気分です。
こんな状態でストレスは溜まっていき・・・
長男が一歳半の時に外で働くことを決意。
義家族からは保育園入れるなんて可哀そうに・・・と。
私が仕事を始めてすぐに長男喘息を発症。
入退院を繰り返しました。
義家族は「ママが仕事となんか始めたからだ」と。
そんなこと言ってもなってしまったものは仕方がありません。
色々ありまして2014年に同居解消。
上二人の時は ストレスマックス状態での子育て期を過ごしたので
今回 第三子のお世話はとっても楽に感じます。
上の二人の時は母乳が足りず、すぐにミルクに移行してしまいましたが、
今回は母乳もジャンジャン出て、生後すぐに完全母乳育児に。
ストレス、ダメ!絶対!です。
10歳になる長女は学校から帰ってくると 真っ先に次男のもとへ
抱っこしたり、おんぶしたりとリアルおままごと状態。
授乳以外は何でも出来てしまうので大助かりです。頼りになります。
久しぶりの赤ちゃんは不安もありましたが、
家族の協力のもと楽しく子育てすることができています。