わが家の第三子次男は生後3か月になります。
表情も豊かになってきて、声を出して笑うようになり、とっても可愛いです。
母乳を与えているママは、授乳期はとくにお腹がすきやすいですよね。
私が通っている母乳相談室では、米は2杯食べていいからね。とお話がありました。
しかし、完全母乳育児ですが 体重が思うように減らなくなってきた今、ちょっと焦っています。
妊娠前の体重に戻すには、あとマイナス5キロ。お肉5キロって・・・重たいですよね・・・
食事をするときには、なるべくビタミンやミネラルを取り入れた和食を中心にした理想的です。
ミネラル(海藻類、きのこ類、ホウレンソウ、納豆、魚介類、雑穀類)もっと意識して摂らないとなあ。
飲み物は、ルイボスティーやハーブティーを摂ることが多いです。
産後1ヶ月を過ぎ、赤ちゃんも一緒に外出できるようになるころには、わが家の周りは雪景色。
どうしても外に出るのが億劫になってしまいます。足元も悪いですし。
そんな中でも上の子たちの行事には参加しなければならないため、
大雪でも出かけるときもあるのですが・・・(*´Д`)
いい運動になる反面、滑らないか、転ばないか・・・なかなかの緊張感です。
毎日の散歩に出るのは、雪解けを待ってから・・・
散歩(ウォーキング)は 有酸素運動。ちょっと息があがるくらいの運動量で。
全身に酸素を送り込み、脂肪の燃焼を活発化してくれます。
ウィンドーショッピングをしつつ運動 するのもいいかもしれませんね。
最近、補正下着(産後ガードル)も使用し始めました。
帝王切開だったので、傷の部分を締め付けるのが怖くて・・・やっと出しました。
長女の時からのものなので10年物です。
まさかまた使うとは・・・・とっておいてよかった。
産後の歪んだ骨盤を正しい位置に戻して、ボディラインを妊娠前に戻す効果が期待できますね。
着用しているだけで効果があるので、無理なく続けることができます。
お腹のダルダルが気になって、付いてしまったものを落とすのは大変です。
私のガードルは、6段階調節なのですが(昔のものなので・・・)
無理に締めつけると、逆効果になるので注意が必要です。
普段からお腹をへこませて、姿勢を気を付けるだけでも変わってくると思います。

スポンサーリンク



妊娠中に緩んでしまった骨盤底筋群も鍛えないといけませんね。
骨盤底筋とは、骨盤の底にあり、子宮や膀胱、直腸などの臓器を支えている筋肉のことです。
咳やくしゃみをした時、赤ちゃんを抱っこした時など、
お腹に力が入った拍子に起こる尿漏れの原因になります。
これから年をとっていくうえでも鍛えておきたい筋肉です。
産後1ヶ月を過ぎても尿漏れに悩まされている場合は、
骨盤底筋を鍛える体操(骨盤底筋トレーニング)で回復が期待できるそうです。
寝ながらの姿勢でできる簡単な体操ですので1日に何度か取り入れるといいですね。
まず、仰向けに寝て、足を肩幅に開き、膝を曲げて立てます。
次に、肛門・膣を締めるように力を入れて
ギューッとおしりを持ち上げ、10数えます。
これなら寝ころんででも、赤ちゃんをあやしながらでも出来ますよね。
いま続けることで 更年期の尿漏れトラブル防げるように。
どうしても毎日は出来ず、忘れてしまうことが多いのですが、
寝る前の習慣として、私もさぼらず続けたいと思います。
※こちらも読まれています
育児疲れのリフレッシュ方法
早寝早起き~成長ホルモン、子供の成長だけじゃない
若い女性の乳がん検診は害の方が大きい?!
PTA役員の集まる頻度は?あまりやりたくないけど・・・
咳が止まらない時の対処法!子供にも即効で効く!