乳児用液体ミルク、2020年の国内販売開始を目標だそうです。
20年の東京五輪・パラリンピックで来日する海外客に対応する狙いだそう。
欧米では液体ミルクが普及しているそうで、「五輪観戦で来日する育児中の親のニーズは高い」とのこと。
液体なのでお湯で溶く手間がなく、そのまま飲ませることが出来るので 
防災グッズの中に入れておいてもいいですよね。
わが家の次男3か月は完全母乳育児ですが、非常用にはミルクを準備してあります。

スポンサーリンク



ちなみにわが家の防災グッズ(ベビー用)
・ペットボトルの水 
・ミルク 1缶
・哺乳瓶 (使い捨て2個)
・紙コップ(ミルクを飲ませるのにも使えます)
・おむつ (常に買い置き、残り1箱になったら次を買う)
・おしりふき(お手拭き 体ふきにも使えて便利)
・着替え
・おんぶ紐
(さらしの腹帯があれば、抱っこやおんぶにも使えるし、切ってけがの処置にも いろいろ使い道があります)
などです。
液体ミルクの行方は、まだまだどうなるか?はわかりませんが、ママ達には朗報ではないでしょうか。
※こちらも読まれています
桶谷式の母乳育児、夜間授乳は?寝てくれなくてツラい・・・
母乳育児、桶谷式マッサージの効果は?食事で乳腺が詰まる!?
授乳中のコーヒー~どうやってノンカフェインに?
若い女性の乳がん検診は害の方が大きい?!