わが子はとっても可愛いけれど、
毎日の育児にお疲れのママさんもいるのではないでしょうか?
乳児のお世話をするママは3時間おきの授乳で寝不足気味、疲れも慢性化してしまいます。
わが家も第三子、今ここです↑ 授乳中のママさんお互い頑張りましょうね(*’▽’)
この時期は とにかく休息することが大切です。
赤ちゃんが寝たらママも一緒にお昼寝するなど休むことにOKを出しましょう。
毎日の食事の買い物も一苦労なので、宅配などを利用してもいいですね。
わが家は宅配を2か所利用中。主に野菜などを注文することが多いです。
罪悪感を感じる必要は全くなし!
掃除も洗濯も料理も少しくらい手を抜いたってどうってことありません。
自分の体を労ってくださいね。
また、赤ちゃんとのスキンシップでは オキシトシンという幸せホルモンが分泌され、
幸せな気分を感じられるといわれています。
赤ちゃんに見つめられると「可愛いなあ」と気持ちも和らぐ瞬間ありますよね。
きっと、幸せホルモンが分泌されている証かもしれませんね。
日々の生活の中でちょっとした変化を積み重ねるのもストレスをため込まないコツ。
好きな香りを取り入れるのも良い気分転換になります。
アロマを焚いて ゆったりと香りを楽しめると気持ちがスッキリするかも。
パパの帰りが早い日には、赤ちゃんを預けて 一人で入浴タイムなんてのも。
お気に入りの入浴剤でゆ~ったりと疲れを癒してみてもいいですね。

スポンサーリンク



日々の疲れを残さないことも大切です。
ゴルフボールを一個用意して、足裏マッサージ!
足の裏でコロコロと転がすだけでツボが押されて気持ちいいですよ。
授乳しながら、テレビを見ながら、読書をしながらでも出来るのでおすすめです。
色々やっても効果が出ない、もうツラい・・・って時には
赤ちゃんと一緒になって泣いてみるのも一つの手です。
赤ちゃんのほうがびっくりしてキョトンとするかもしれません( *´艸`)
お子さんの年齢、月齢によっても悩みは違いますよね。
外出先で子供が泣いていると、「大変だろうけど、今が一番いい時よ」なんて
子育てを終えたであろう先輩お母さんに話しかけられることはありませんか?
私は、上の2人が小さかったころ・・・何度かこんな声をかけていただきました。
相当疲れた顔で子供の対応をしていたのでしょうかね(;’∀’)
子供が可愛いからこそ一生懸命になって背負いこみ過ぎてしまう。
時には肩の力を抜いて、背中の荷物をおろしてもいいんです。
もし煮詰まってしまったら、短時間でもパパや近くにいる信頼できる方に預けて
リフレッシュできるといいですね。
預けるときは泣くかもしれませんが、子供は順応性がありますから。
これって、子供よりもママのほうが離れるの寂しかったりするんです(^▽^;)
私もストレスを溜めすぎないよう上手にリフレッシュしていきたいと思います。
※こちらも読まれています
育児疲れのリフレッシュ方法
早寝早起き~成長ホルモン、子供の成長だけじゃない
若い女性の乳がん検診は害の方が大きい?!
PTA役員の集まる頻度は?あまりやりたくないけど・・・
咳が止まらない時の対処法!子供にも即効で効く!