今年もスギ花粉の季節がやってきたようですね。
私、以前はわりと重症の花粉症でした。
現在は花粉症克服しています。
発症したのは、たぶん高校生時代。
なぜ多分なのかといいますと、
「毎年この時期は、鼻かぜをひいて治らない。」
そう思い込んでいたのが、実は花粉症だったのです。
アレルギーを調べる血液検査では、スギ、ヒノキがヒット!
毎年反応が早く、というか年々早まって???
年末くらいから、咳が出始めるんです。
そのままにしていると段々と酷くなって喘息のような、
クループのような、止まらなくて夜も眠れないほどの苦しい咳に・・・
仕事が忙しくて、病院に行くのが遅れた時には、もう大変でした。
シーズン初めに病院に行くと、主治医から言われるのは、
「あら、また去年より早くなっていますね。
      症状が出る前に来ないとだめよ。」
そういわれても、人間忘れやすい生き物ですから、
症状がない時期は、花粉症のことなんてスッカリ頭にないんです(^▽^;)
花粉飛散予測が出るころには、症状マックスで・・・
そろそろかなあ?なんて予測を立てるのは不可能(*_*)
自分でしっかり覚えておくしかないんですよね。

スポンサーリンク



私のアレルギー体質を受け継いでか、長女も2歳の時から花粉症でした。
よく花粉症やアレルギーは、それぞれの免疫の状態で、
「体の中にある、悪いものを溜めるコップが溢れたら発症する。」
なんて例えられていますよね。
うーん、長女2歳で溢れたか・・・
と、当時は少しショックでもありました。
幸い、長女の症状は軽く鼻水のみでした。
私が行った治療は、内服薬と点鼻薬、点眼薬。
内服のお薬は眠くなってしまって、生活にも支障がありました。
何度か薬を変えてもらうものの、コレ!というものには出会えないまま。
レーザー治療を考えていたころ、転居となり関東から北海道に引っ越し。
レーザーも1万円くらいで出来るらしいのですが、
効果が1~2年のようなので、悩むところ・・・
薬を毎日飲むことや日常生活のわずらわしさを考えたら、
もし1年で効果が切れてしまったとしても、十分元は取れる気がするけれど・・・
鼻の粘膜をレーザーで焼くって、なんだかコワくない(-“-)
という理由で、なかなか決めかねていたんです。
引っ越したのは3月の終わり。
私のアレルギー症状は、薬によって抑えられている時期です。
しかし、引っ越し後 数週間が経ったころ・・・
止まらない咳と鼻水、ひどい頭痛。
夜も眠れなくなってしまいました。
慌てて耳鼻科に行くと、
「スギヒノキの花粉症ってことは本州の方だね。
   鼻の粘膜も腫れているしアレルギーでしょう」
とのこと。
北海道ではスギは少ないと聞いていたのに、
シラカバに当たってしまったのか?!
この時ばかりは、自分の体質を恨みました。
しかし、2度目の花粉症シーズン 私も娘も何の症状も出ずに過ごすことが出来たんです。
今年で3度目の花粉症シーズンを迎えますが、今も症状なし。
子供たちがアレルギーやアトピー持ちだったことから、
食事の添加物など、体に取り込む物にも気を配っていましたが、
1番の変化は環境だったのだろうと思います。
花粉症対策にオススメ!!!
ですが、なかなか難しいですよね(;’∀’)
あ、でも夫が通う美容室のオーナーさんは、
重度の花粉症が原因で関東から北海道に移住されたんだそうですよ。
まわりには反対されたと言っていたようですが(;^ω^)
※こちらも読まれています
育児疲れのリフレッシュ方法
早寝早起き~成長ホルモン、子供の成長だけじゃない
若い女性の乳がん検診は害の方が大きい?!
PTA役員の集まる頻度は?あまりやりたくないけど・・・
咳が止まらない時の対処法!子供にも即効で効く!
アレルギー症状、雪解けとともに・・北海道編