妊娠中・授乳中でも出来る、カラーリングメニューのある美容室に行ってきました。
今回施術してもらったメニューのほかにも、2種類の安心なメニューがありましたので、
あとから紹介していきたいと思います^^
今回は、カラーリングって妊娠中や授乳中にしても大丈夫なの?影響はないの?についてまとめていきます。

妊娠中や授乳中のカラーリングって実際どうなの?

赤ちゃんがいるママなら、気になって一度は調べたことがあるかもしれませんね。
私は3人の子供がいますが、第一子の時から第三子を出産した現在まで、
毎回毎回、飽きることなく調べています^^:

自分の中で納得のいく結果が出ていないのが原因でしょうね。

今は、次男が生後5か月で母乳育児中。

出産直前に美容室でカラーリングをしたのが最後なので、見事なプリン状態。
冬の寒い時期は、帽子をかぶってしまえば隠せていましたが・・・
だんだんと暖かくなるにつれて髪型も変えたいし、帽子ももう脱ぎたい。

しかし、お年頃な為、白髪もチラッと(*´Д`)

これじゃあ、せっかくオシャレをしても気分があがりませんよね。

そんなに気になるんなら、やらなきゃいいじゃんという声もあるかと思いますが、
より安全なものがあるなら、取り入れて不安を減らし、おしゃれも楽しみたい。

第一子長女と第三子次男は10歳差な、わが家。
次男の年代になると、まわりは可愛らしい若いママばかり^^:
子どものためにも、自分のためにも少しでも若くいたいと思う女心(笑)

そんな気持ち、ありませんか?

毎日の育児につかれ、髪もプリンで伸ばしっぱなし・・・
そんな状態じゃ、よけいにイライラしちゃいますよね^^:

妊娠中や授乳中のカラーリングってどうなの?安全なカラーリングができる美容室に行ってみた!

妊娠中や授乳中でも扱えるカラー剤というのは、
パラフェニレンジアミン、レゾルシン、アミノフェノールなどの
毒性の強い化学薬品が入っていないもの。

一般的なカラーリング剤は、色を着色するのに重点を置くため
どうしても強い化学薬剤が入っているとのこと。

私が行った美容室には、妊娠中や授乳中でも扱えるカラー剤が、
3パターン用意されていました。

・とにかく白髪を目立たなくしたい
・授乳中でも安心なカラーリングをしたい

という理由から今回、私が選んだメニューは、ヘナ染め


ハイクオリティーヘナという天然成分で
ジアミン、レゾルシン、アミノフェノールの心配がないもの。

数年前からヘナ染めが気になっていたこともあり決定しました。
ヘナ以外にもジアミンフリーの薬剤が用意されているので、
妊娠中や授乳中のママも安心してカラーリングが出来る美容室でした。

美容師さんご本人もお子さんを出産時に婦人科医から
「どうしてこんなに羊水が濁っているんだ」
と言われたことがあると話しており、
生まれてきたお子さんがアトピーだったことから
カラーリングの害にも目を向けるようになったのだと話していました。

毛根から入った薬剤は毛細血管を通って、全身を回るといいます。
こちらの美容室は、妊娠中や授乳中だけでなく、
アレルギーやジアミンかぶれのある方の問い合わせもあるとのこと。

妊娠中や授乳中だけでなく、これから妊娠を望む方、
高齢で免疫力の弱っている方など、
強い化学物質の入ったカラーリング剤は
髪のため、体のために避けた方がいいですよとのことでした。

特にこれから妊娠を望む方は、
環境ホルモンの含まないカラーで染めていた方が安心だそうです。
環境ホルモンは、不妊の可能性を高めるとも言われているのだそう。

しかし、強い化学薬品が入っていないということは、
色が落ちやすい
という難点はあるといいます。

お客さんからの要望もあるため、
通常のケミカルなカラーリング剤も置いているとの事でした^^

安全面をとるか、色落ちしにくいカラーリング剤をとるか、
優先順位は選ぶ人によって変わってきますよね!

ヘナ染めをした結果・・・

これが思っていたよりも良い仕上がりだったんです。

ヘナ染めって白髪が多い人がするイメージだったのですが、私的には全然いける感じ^^

ジアミンアレルギーの症状

ここでジアミンアレルギーについても触れておきますね。

まず、症状としては

・頭皮のかぶれ・かゆみ・痛み
・皮膚の炎症
・顔やまぶたが腫れた
・頭皮がジュクジュクし、傷口から汁が染み出た

上記のような症状が現れたことがある方は、注意が必要。

呼吸困難や嘔吐など、重篤な症状やアナフィラキシーショックが出ることも。
カラーリングには、リスクがあることも頭の片隅に入れて、
おかしいな?と思ったときには止める勇気も必要ですね。

探してみると、安心な薬剤を使っている美容室も見つかりますから、
薬剤に専門知識のある美容師さんにカラーリングしてもらうのが安心・安全ですね^^

私も今回やっと安心して通える美容室を見つけることができました!

少しお値段は張りますが、目の前にいる息子に授乳中、悪いものは入れたくない

カラーリングの感覚を少しあけて対処しようと思います(^▽^;)

セルフカラーリング始めました


髪の毛はキレイを保ちたいけれど、毎回美容室に行って染めるのは・・・

時間もかかるしちょっと負担だったりしませんか?

ほぼワンオペ育児なので、夫に子どもを預けられることってめったにないんです。

私のそんな悩みを解消してくれたのがこちら。

>>>ピアオンラインショップ

オーガニックで化学成分無添加。

自然は美容室も使うというハーバルヘナです^^

カラーも選べるのが決め手となりました!

無添加情報

・パラアミノフェール検出せず
・パラフェニレンジアミン検出せず
・リアントグリーン検出せず
・ピクラミン酸検出せず
・その他の色素検出せず

※パッチテストは忘れずに。

まとめ

今回は私の10年来の悩みだった、妊娠中や授乳中のカラーリングについてまとめてきました。

子どものお世話を言い訳に自分が老け込んでいくのは嫌ですからね^^

いつまでも女であることを忘れず、外見にも気を使っていきたいと思います!

※こちらも読まれています
妊娠中、授乳中にカラーリングしても大丈夫?影響はどうなの?
授乳中のコーヒー~どうやってノンカフェインに?
母乳育児中なのに痩せない!ホルモンのせい?食べすぎ?