新学期が始まると、PTAの役員決めがありますよね。
PTA役員ってマイナスイメージがあるのも確かなんです^^:
私は、上の子たちの保育園、幼稚園、小学校でPTA役員をしました。
こんなこと言ったら、役員好きのママに見えてしまうかもしれませんが、
実は「なるべく役員はやりたくないタイプ」。
在園中や在学中に、1度はやらなければいけないPTA役員なので、
早めにやってしまおうという考えで引き受けたもの。
昨年は長男の学年で役員をやるつもりでいましたが、人数が多すぎてダメでした。
しかし長女の学年で人が足りず、こちらは2度目の役員を引き受けることに^^:
まわりのママも皆、考えることは同じ。
低学年でPTA役員を済ませてしまいたいんですよね。
今回は私の役員経験から、わかることを書いていこうと思います。

スポンサーリンク



・PTA役員ってよくわからないし、めんどくさそう・・・
・仕事もあるし、働いてないお母さんに任せたらいいよね・・・
・役員なんて・・目立つのは苦手だし、私には荷が重い・・・
・下の子が小さいからムリだよね、妊娠中だし・・・
こんな風に思ったりしませんか?
それぞれの学校によって、役員の内容は変わってきますので、
一概に言えませんが、私の経験が参考になれば嬉しいです^^

PTA役員、役員会で学校に行く頻度はどのくらい?

PTA役員をひき受ける際に気になるのが、役員会の頻度と仕事内容ですよね。
あまり頻度が多いと、
仕事もしてるし、出来ないかもしれない。
下の子がいるから、難しいかもしれない。
仕事内容が難しいと、困るなあ。
など、不安はありますよね。
うちの学校の場合、
クラス代表が1人。
副代表が2人。
文化部が1人~2人。
環境部が1人~2人。
私も自分の経験からしか言えませんが、
1人だけで、やらなければならない仕事はありません。
役員同士が協力し合って行うので、難しい内容はありませんでした。
うちの子たちが通う学校の場合、
役員会は全体で1回、それぞれの部会が年に4回程度です。
小学校では2回役員をしていますが、各部によって集まりの回数も多少変わります。
とはいえ、私も仕事をしながら役員をしていましたし、
去年はそれに加え、出産もありました。
生まれてからは、次男も一緒に参加していましたし。
もともと部会の回数が少ないので、生まれてからの役員会は1度だけ。
役員会の日程も早めに決めてしまうので、
仕事があっても、前もって休むことも出来ました。
今の時代、働くお母さんはとても多いです。
仕事が休めず欠席する方もいましたが、役員の仕事は滞りなく進められていましたよ。
欠席したからと言って、咎める人は誰もいませんでしたし、
お互い様精神でやってこられたのでとても助かりました。
うちの子たちが通う学校の場合、数年前にPTAの仕事内容や
役員の改革が行われたそうで、集まる頻度が減ったといいます。
共働き家庭が増えたことにより、
PTA役員参加が難しいという声が多くあがったようなんです。
確かにPTA役員会のために、仕事を中抜けしてきているお母さんや、
夜勤終わりで参加しているお父さんもいましたから
負担を減らしていこうという、想いは皆同じです。
私はクラス役員しか経験がないですが、
本部役員のお母さんたちは、はるかに多く活動していました。
学校に用事があって行くと、本部役員のお母さんはいつも見かけますし、
集まる頻度だって、比べ物にならないはず・・・
何をするにしても、仕事の効率化は必要ですね。

PTA役員ってマイナスイメージが強い?

ネットなどを見ていると、PTA役員をどう断るかという質問が多く、
マイナスイメージが強いのも確かなんですよね。
役員の活動内容が良くわからないからと、嫌がる人もいますよね。
私も、役員を引き受ける前は、そう思っていました。
できればやりたくない!!!役員やらずにコッソリ卒業したい!!
毎年、役員決めの季節になると、
電話に出なくなる人もいるのだとか・・・
まあね、大体見当は付きますからね。
マイナスイメージが強すぎです^^:
うちの学校では、役員の他に、一人一役というもあります。
役員を引き受けてない場合、子供一人に対して1つ役を割り振ります。
交通立ち番やお祭り準備、ベルマーク集計など。
その電話かけをした際も、出てくれない折り返しもない人もいましたけど、
私も知らない番号からの着信は出ないことがあるので^^:何とも言えません(笑)
初めてPTA役員を引き受けたのは、長女が3年生の時。
長女の担任から「誰もいない!お願い!!!」と言われたことからでした。
イヤだけど、PTA担当の先生が長女の2年生の時の担任ということもあり、
「知ってる先生だし、何とかなるだろう」という軽い気もちで引き受けました^^:
実際、引き受けてみると、先生との関わりは、書類確認程度。
役員の仕事はというと、経験のあるお母さんが何名かいましたし、
前年度の役員さんからの申し送りノートもあるので、なんとかなりました(笑)
小学校のPTA役員は、私にはとても「ハードルが高い」と思っていたんですが、
難しいことは無く知り合いも増えますし、思っていたよりラクでした。
平日仕事がある方は、家で出来る仕事を持ち帰ったり、
手が必要な時だけ塗りのない範囲で出席するなど。
役員が全員が揃ったことは、なかったように思います。
時間に縛られるといっても、長くて午前中の2.3時間。
めんどくさいし役員をやるような器じゃない・・・
と思っていた私。
妊婦でも、仕事をしていても、赤ちゃんいても問題なし。
注!足を引っ張ってなければ良いのですが^^:
とは言っても、仕事量が多い学校もあると思いますし、
小さい子を連れての役員活動は、出来ない学校もあるかもしれません。
PTA役員を引き受ける保護者が少ないのは、どこも同じなようですが。
なかには、役員会を土曜日や夜に行う学校も出てきているようですね。
PTAは、任意の団体で「子どもたちのために活動」をします。
関わりかたは、それぞれですが、役員決めの重たい空気はどうにかしたいもの^^:
私は実際に体験してみて、PTA役員に関わることでのメリットもありました。
参観日以外にも、子どもの様子を見ることができますし( *´艸`)
興味がある方は、今年度でも来年度でも、役員参加を考えてみてくださいね^^
※こちらも読まれています
2分の1成人式~親からの手紙
小学生女子のバレンタイン事情
小学校卒業式、はかま姿が常識とな!?