健康食品としても人気のあるはちみつ。赤ちゃんにはダメな理由があるって知っていますか?
具体的にダメな理由はわからないって方もいるのではないでしょうか?
今現在子育て中のママには当たり前な情報でも、
おじいちゃんおばあちゃんは知らないこともあります。
最近でははちみつの容器ラベルにも記載があるので、目にしたことがある方もいると思います。
赤ちゃんに関わる大人全員に知っていてほしい内容です!
ついうっかり、知らずに与えてしまうことのないようにしたいですね。
はちみつに対する制限が出されたのは1987年でしたので、
それ以前に子育てした方は初耳なんてこともあるとおもいます。

スポンサーリンク


なぜ、はちみつを赤ちゃんに与えたらダメなのか?理由を調べてみました!

はちみつには「ボツリヌス菌」という菌が紛れ込んでいることがあるんです。
この菌は食中毒の原因菌としても知られているもので、
1歳未満の赤ちゃんの消化器官の中では危険があるといわれています。
生まれてから1歳までの赤ちゃんの消化器官は、まだ未熟で腸内細菌も抵抗力も弱いです。
「ボツリヌス菌」の芽胞がお腹の中で発芽し、繁殖してしまうことにより発症します。
この「ボツリヌス菌」すべての蜂蜜に入っているわけではないのですが、
見分けがつかないものなんです。
品質の良いはちみつは加熱処理されていないため、注意が必要!ということなんです。
1987年に蜂蜜を摂取した乳児が「ボツリヌス症」発病したことから、
厚生労働省が注意突起が行われるようになりました。

はちみつで赤ちゃんが発症するリスクのあるボツリヌス症とは?

「乳幼児ボツリヌス症」とは、赤ちゃんがかかると重症しやすい病気のひとつです。
潜伏期間は、3日から30日。
症状は、便秘・元気がない・母乳やミルクの飲みが悪い、泣き声が弱くなるなど。
症状が重いと、筋力の低下や神経麻痺、呼吸困難などが出ることも。
普段と様子が違ったりぐったりした様子が見られるようなら、すぐに受診しましょう。
はちみつを食べたからといって必ず発症するものではありませんが、
リスクがあるのでやめておいた方がいいでしょう。
1歳過ぎれば食べても問題ないので、「少しだけ・・」もダメですよw
私の両親も知らなかったので、おじいちゃんやおばあちゃん要注意です^^:
理由を話せばわかってくれると思うので、知らせておいた方がいいですね。
はちみつは1歳未満の赤ちゃんに与えたらダメですよ!
理由は、乳幼児ボツリヌス症に罹らないためです!
※こちらも読まれています
育児疲れのリフレッシュ方法
早寝早起き~成長ホルモン、子供の成長だけじゃない
若い女性の乳がん検診は害の方が大きい?!
PTA役員の集まる頻度は?あまりやりたくないけど・・・
咳が止まらない時の対処法!子供にも即効で効く!