先日は、長女(小4)長男(小2)のお友達がわが家に来てお泊り会をしたんです。
お友達とのお泊り会は久しぶりだったので、子供たちは計画段階からウキウキソワソワ^^:
思い出してみると初めて子供たちがお泊りをしたのは、幼稚園と保育園のお泊り保育でした。
このお泊り会の時は子どもたちよりも私の方がソワソワしていたのを覚えています。
小学校進学前に親元から離れて一晩過ごし、
自立心や自信が身につけることが目的というお泊り会。
ママも子供も離れて過ごすのは、お泊り会が初めてなんて方も多いと思います。
わが家もまさにその口でしたので、長女の時は不安で園の先生に質問したりしましたよ。

スポンサーリンク



「夜寝れるかみなさん心配しますけど、大丈夫!お母さん!
  疲れて起きてられないくらい遊ぶから、例年寝寝付くのは早いですよ!」
との返答になるほどーと安心したのを覚えています^^
他にも、長女は夜のおむつは外れていたので心配もあまりなかったのですが、
長男は夜中のおもらしが心配で・・事前に先生にお願いし夜中にトイレに誘導してもらいました。
聞くところによると、夜中のトイレ誘導はわが子だけではなく結構沢山いたようなんです。
みんな心配するところは一緒なんですね^^;
うちの子たちが通った園は、バスに乗って園外宿泊でした。
日中は広い自然公園でゲームや歌を歌い、夕方からはキャンプファイヤー。
夜までへとへとになるまで遊び、スッーと眠りに入れるよう工夫されていました。
のちに「お泊り保育DVD」が販売されたので観ることができました。
どんなふうに過ごしていたのか気になるから親は買っちゃうでしょ、商売上手だなぁー^^;
自宅では どうしても甘えてしまって出来ないことでも、親が手助けしてしまうことでも、
お泊りで先生やお友達と一緒だと自分でやらなきゃと頑張れるんですよね。
お友達と仲良く過ごすことで、これまで以上に仲間意識が芽生えたりと成長を感じました。
たった一晩のお泊りですが、助け合うことや我慢すること、頑張ることが学べますよね。
なにより家族と離れて一人でお泊り出来たという経験が子どもの自信に繋がります。
お迎えに行った時の「すごいでしょ!」といったような誇らしげな顔・・・
ああ、不安もあったけど行かせて良かったなと思いました。
夜、宿泊所まで見に行ったというママもいましたけどね^^;
今回のわが家でのお泊り会は、うちの長女が発信源だったらしいのですが、
お友達はまさに保育園以来初のお泊りだったようなんです。
朝、お友達のママからメールが来ていつでも迎えに行くから!とのことでしたが、
「まあ、なんとかなるでしょ」ってことで食事など必要最低限だけ関わって
あとは子どもたちに任せていたんです。
春休み中だし、夜更かしもたまにだし、楽しく過ごせればいいじゃない^^
その間、子どもたちはそれぞれのケータイにママから連絡が入っていました。
わが子を預けていたら、心配ですよね。
夜更かし満喫の子供たちの話し声が聞こえなくなったのは、午前1時過ぎ。
朝も起きれないだろうなと思っていた心配をよそに6時には起きていました^^:
日中もまるまる遊び倒していたので、その日の夜は爆睡していました!
春休みに楽しい思い出ができて良かったんじゃないかと思います^^
※こちらも読まれています
咳が止まらない時の対処法!子供にも即効で効く!
春休みの特訓は自転車~息子(新3年生)編
春休みの特訓は縄跳び~息子(新3年生)編