夏祭りの季節がやってきました。小学生の娘が「今年も浴衣を着てお祭りに行く!」というので1年ぶりに着付けのおさらいです。
せっかくの浴衣を着ても着付けがしっかりしていなければもったいないですよね。今年は簡単に着付けが出来て、着崩れなしを目標に母は頑張りたいと思います。

浴衣の兵児帯って何歳まで?

娘は小学5年生になりますが、小柄なため浴衣のサイズは130㎝です。
130㎝だとセットで付いていた帯は兵児帯なのですが、さすがに5年生で兵児帯はどうなんだろうと思って調べてみました。
兵児帯だけだと、どうしても幼い女の子が付けているイメージがありますよね。
調べてみると、兵児帯は小学校4年生くらいまでという情報が多く高学年になると大人と同じような帯を使う傾向のようです。
兵児帯単体では頼りないような感じがしていたので、今年は帯だけ新調しようと買い物に出かけました。
しかし、売り場を見てみるとセットで販売されているものが多い上にセールでお安くなっているではありませんか!
手持ちの浴衣そのものはまだ着られるので、ワンサイズ大きいものを選んで購入してきました。
付属していた帯は作り帯です。グッと差し込んでしまえばいいだけなので簡単ですしね^^

スポンサーリンク


浴衣の簡単で着崩れしにくい着付け方法とは?

小学校高学年の女子とはいえ、お祭りに行ったら楽しくて動き回るので浴衣が着崩れるのが心配ですよね。
去年は腰の補正をしないままに着付けてしまったので、華奢な体形の娘の浴衣は少し着崩れてしまいました。
今年はタオルでの補正の方法を見つけたので、ダブつきなく簡単にきれいに着付けをしたいと思います。
当日気温が上昇し過ぎないといいのなあ・・・^^:
足元は下駄ではなくサンダル着用の予定ですが、緩くて前に滑ってしまうとのことで100均のサンダル前滑り防止パットを装着しました。靴擦れしたときようにカットバンを持たせればいいでしょう!
これで準備は万端のはず・・・髪型はお団子か三つ編みアレンジで考え中です。

※関連記事
長男がお友達の物を壊してしまい謝罪。
非常食のおすすめは?【 スーパーで買える】
浴衣の着付け【簡単で着崩れなし!】