季節の変わり目で体調を崩されてはいませんか?わが家は長女が数日前から熱出して学校を休んでいましたが今朝には回復、今日から登校しました。そこで今回気づいてしまったこと。

長女が鼻かみをしているのを見て、あれ!?長男が鼻かみしてるところって見たことないぞ^^;もしかして・・・デキないんじゃないの( ゚Д゚)??

鼻かみ出来ない子どもが増えている

そう、小3になる長男は鼻がかめなかったんです!

実は鼻をかめない子は意外と多いのだそう。小さいころにもっと親身になって教えていれば・・・そんなことをいっていても仕方がないので、今回は子供の鼻かみ練習方法について書いていこうと思います!!!

小さいころは喘息やアトピーがあった長男も最近では風邪も滅多にひかなくなりました。幼いころは鼻水吸い取り機を使用。現在では鼻づまりになることもほとんどないため、長男が鼻かみ出来ないことに最近まで気づかなかった母です^^;

長女は2歳の時にアレルギー性鼻炎と診断され、鼻かみは早いうちに教えたのですが2人目長男は中だるみでしょうか(笑)幸いなことに中耳炎にもならず鼻炎もなかったので、ここまで見過ごされてきたようです。

幼い子どもに鼻のかみ方を教えるのは意外と難しいものですよね。「鼻水ぐらい」と気楽に放っておくと、中耳炎や副鼻腔炎などになっても嫌ですし・・・鼻水は冬だけでなく、季節の変わり目や花粉症などもよく耳にするようになりました。

子供の鼻づまりは苦しそうで見ていて可哀想ですよね。今回は子どもの鼻かみ練習方法についてまとめていきます。

スポンサーリンク


子どもの鼻かみ練習方法!教え方ってどうすればいいの?

風邪やアレルギーのせいで鼻水が垂れっぱなしになるのって、子どもにとっても親にとっても煩わしいものですよね。そこで今回は、正しい鼻のかみ方と子供への教え方をマスターしちゃいましょう。

まず鼻をかむ時は、片方の鼻の穴を指で押さえ、大きく口から息を吸ってもう片方の鼻の穴から少しずつ出すようにするのが鉄則です。でも、子供に鼻のかみ方を教えるのって結構難しいですよね。・・・ということで上の教え方が役に立つんです^^

子どもが喜ぶ鼻かみ練習法!

①片方の鼻にティッシュをねじって詰める。

②反対側の小鼻を押さえる。

③カウントダウン「5・4・3・2・1ロケット発射―!」

3才くらいまでは自分で鼻をかむことはなかなかできません。この練習方法なら子供も楽しみながら出来そうですね。

次男の鼻かみ練習まではまだかかりそうですが、まずは長男で試してみたいと思います^^